パパ活に向かないコンテンツ

SNSは危険 パパ活

パパ活は今でも男女問わず多くの人が行っていることですが、誤った手段でパパ活を募集してしまうと男女ともに危険性が付きまとってくるものです。

結果的に恋愛に発展してしまうことはあるかも知れませんが、しっかりとビジネス的な関係性であることを理解して行動することが重要です。

TwitterやインスタなどのSNSは絶対NG!

SNSは危険

男女両方に言えることですが、お手軽で無料だからと言ってTwitterやインスタで募集をするのは絶対に止めた方が良い手段でしょう!

それだけ手軽に出来るということは「悪質なスカウト」や「詐欺師達」もお手軽に参入出来るということです。

男性だけでなく女性も悪質な詐欺の被害にあったりしている多くがSNSを利用してのパパ活となっていますので、絶対にパパ活をSNSで行うのは止めましょう!

実は危険性あり?BARなどで知り合う場合

BARも意外と危険?

バーや社交の場で知り合った人はサイトやSNSで知り合った人と比べると顔が見えている分、安全な印象を受けるかも知れません。

ですが、BARや居酒屋などで知り合った人の本名や身分は誰も確認しておらず、結果的に言葉を信用するしかなくなってしまいます。

しっかりと名刺や会社情報などが分かっている状況であれば別ですが(ただし名刺も簡単に偽物が作れてしまいます)、口頭のみでの話や契約は非常に危険ですので相手の背景が分からないうちは信用しない方が良いでしょう!

女性もお金をもらう側だからと言って、遠慮する必要は一切ありません。

自分の身を守るためにも、しっかりと相手を知ってから行動に移すようにしましょう!

歴史の浅いアプリや悪質サイト

これは出会いに共通することですが、アプリやサイトであっても悪質なものは当然NGです。

大手が作っているアプリや歴史のあるサイト以外は基本的に信用せずに使わない方が良いでしょう!

悪質なアプリやサイトは法律に従っていないため、誇張された宣伝文句で人を集めます。

ですが、中身がないために実際にパパ活をすることは出来ませんし、逆に女性でもお金を取られてしまうことも多々あります。

一見すると地味な昔からある優良なサイトは法律を遵守しているために、過剰な広告を出せないということを理解すると安全なサイトも判断しやすくなるでしょう!

パパ活に使える人気サイト

[list]

パパ活
p-hikakuをフォローする
パパ活比較.comパパ活向けサイト掲載の情報発信サイト

コメント

  1. ロミ より:

    Barも危ないとか初めて知った…

タイトルとURLをコピーしました